2024年5月18日土曜日

2024.05.18 土曜観察会

晴れ 参加者6名

 里地の蓮田(はすだ)では、チュウサギやバンに出会いました。

  


 里山に入ると、田んぼの学校の生徒さんたちが、代掻き(しろかき)。裸足の子どももいて、楽しそう。お手伝いをしていたOさんが、アゲハモドキの幼虫がいるというので、早速、見に行ってみました。

 オニグルミの葉には、蝋状物質(ろうじょうぶっしつ)に覆われた幼虫がいました。中には、クサカゲロウの幼虫に捕捉されているものもいました。

  

 残念ながら、腹足が7対あり、ハバチの幼虫で、オニグルミを食草とするクルミマルハバチの幼虫でした。持ち帰ったSさんが、家でみると、蝋状物質が取れていたそうです。

 アゲハモドキは、宍塚(ししつか)では見たことがないのですが、ミズキやヤマボウシが食草となるようなので、今度、覗いて(のぞいて)見ましょう。

 オニグルミには、バイバラシロシャチホコの奇妙な形をした幼虫もついていました。


 クワにも、蝋状物質をだしている虫がいるということなので、見てみると、こちは、クワキジラミの幼虫でした。


 大池では、ヒシの上を飛ぶオオイトトンボを見かけましたが、遠く、早くて写真は無理でした。イボタノキやガマズミの花にコミスジやイチモンジチョウが来ていました。

 会の森のサワフタギでは、シロシタホタルガの繭を見つけました。ここは、ノアザミ(オオハナアブ)やコウゾリナが咲いて、いいですね。

  

 栗崎遺跡(くりさきいせき)あたりでは、先週見たレンリソウが見当たりませんでした。コナラで見たオオチャタテの幼虫は、翅(はね)が生えてきていました。

 ガビチョウがうるさく鳴くなか、アオゲラっぽい声は、本当だったのでしょうか。鎌倉街道沿いで、キビタキの綺麗(きれい)な声を聞くことができて、ほっとしました。

By yamasanae

※ 常用漢字以外は、ふりがなを( )書きしてみました。



【野鳥】カルガモ、キジバト、カワウ、アオサギ、チュウサギ、バン、サシバ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ウグイス、エナガ、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、キビタキ、スズメ、セグロセキレイ、ホオジロ 21種+コジュケイ、ガビチョウ

【チョウ類】ダイミョウセセリ、ジャコウアゲハ、アオスジアゲハ、アゲハ、オナガアゲハ、モンシロチョウ、キタキチョウ、モンキチョウ、ツマグロヒョウモン、コミスジ、イチモンジチョウ、ゴマダラチョウ、アカボシゴマダラ(春型、幼虫)、コムラサキ、ヒメウラナミジャノメ、コジャノメ、サトキマダラヒカゲ 17種

【ガ類】キスジホソマダラ、シロシタホタルガ(繭)、トビイロシマメイガ、マエキカギバ、ウスタビガ(幼虫・死骸)、バイバラシロシャチホコ(幼虫)、トビイロトラガ、オスグロトモエ 8種

【チャタテムシ目】オオチャタテ、【カメムシ目】クワキジラミ、シマサシガメ、クヌギカメムシ、【アミメカゲロウ目】ヤマトクサカゲロウ、【ハエ目】オオハナアブ、【コウチュウ目】トホシテントウ、ナミテントウ、【ハチ目】クルミマルハバチ、クロムネハバチ

2024年5月11日土曜日

2024.05.11 土曜観察会

 晴れ 参加者5名


5月半ばというのに夏日の予報だったので、水を多めに持って出発しました。

里山の竹林は、筍に栄養を取られたのか黄葉していて竹の秋です。

サシバは林の上の高いところを帆翔していて近くでは見られません。

林の中では今年もキビタキのさえずりが聞こえていました。先週、久しぶりに聞かれたハルゼミの声は聞こえませんでした。

木の幹に黒いシミのようなものがあったのでよく見るとオオチャタテの群れでした。


ノアザミの花にダイミョウセセリがとまっていました。


ヤブヘビイチゴの赤い実は美味しそうですが、見掛け倒しで味がしません。

レンリソウの紫の花が咲いていました。

【観察した野鳥】
キジ、カルガモ、カイツブリ、キジバト、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、コチドリ、サシバ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、オオヨシキリ、セッカ、ムクドリ、キビタキ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ 27種+コジュケイ、ガビチョウ

2024年5月4日土曜日

2024.05.04 土曜観察会

晴れ 参加者6名

 五月晴れのなか、新緑の里山を歩きました。

 里地を歩いていると、木の上に、ヒレンジャクの赤い尾が見えました。すぐそばの電線に止まってくれ、今年も会うことができました。3羽でしたが、渡りの途中ですね。


 今日は、色々なトンボに会うことができました。サラサヤンマは、♂と♀。



 シオヤトンボは、未成熟♂でした。


 水槽で、羽化していたのは、シオカラトンボ♀。この回りでは、ショウジョウトンボ、アジアイトトンボも見ることができました。

 チョウもいろいろ。カラスアゲハ、ジャコウアゲハなどを確認できたのですが、なんとか撮れたのは、ダイミョウセセリ、ヒメウラナミジャノメ。
  

 エノキでは、アカボシゴマダラ幼虫、サワフタギでは、シロシタホタルガの幼虫も見つけました。このほか、ルリタテハやクワゴマダラヒトリの幼虫も見かけました。
  

 花は、ツボスミレ、ホウチャクソウなど。
  

 久しぶりに、ハルゼミの声も聞くことができました。最後に、サシバがまた出てくれて、お見送りでした。
By yamasanae


【野鳥】・・きたきつねさん
カルガモ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、サシバ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、オオヨシキリ、セッカ、ヒレンジャク(3)、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ホオジロ 26種+コジュケイ、ガビチョウ

  
チュウサギ          メジロの巣
【チョウ類】・・Saさん
ダイミョウセセリ、コチャバネセセリ、ジャコウアゲハ、アオスジアゲハ、アゲハ、ナガサキアゲハ、カラスアゲハ、モンシロチョウ、キタキチョウ、ムラサキシジミ、ヤマトシジミ、ツバメシジミ、テングチョウ、キタテハ、ルリタテハ(幼虫)、コミスジ、アカボシゴマダラ(幼虫)、ヒメウラナミジャノメ、コジャノメ、クロコノマチョウ

【ガ類】・・Saさん
クワゴマダラヒトリ(幼虫)、トガリエダシャク、シロシタホタルガ(幼虫)、オオシマカラスヨトウ(幼虫)、モンキキナミシャク(幼虫+ダニ)
写真:Saさん

【トンボ目】
アジアイトトンボ、サラサヤンマ(♂、♀)、ショウジョウトンボ(♂、♀)、シオカラトンボ(♀、羽化♀)、シオヤトンボ(未成熟♂)

【コウチュウ目】
オオヒラタシデムシ、クロハナムグリ、コアオハナムグリ、モモブトカミキリモドキ、
ソボリンゴカミキリリンゴカミキリ(Kuroさんから指摘)、ハナカミキリ類、ジョウカイボン類

写真:Saさん

【カメムシ目】ヒモワタカイガラムシ、ホシハラビロヘリカメムシ

【キノコ】・・不明(オオツルタケ?)



2024年4月20日土曜日

2024.04.20 土曜観察会

 くもり  参加者 16名


ウグイスの囀りとシュレーゲルアオガエルの合唱に包まれた宍塚の里山を巡りました。ヤマザクラの花は終わりましたが、白いブラッシのようなウワミズザクラの花が咲き始めました。森の木々は一斉に葉を広げ、緑が濃くなってきました。

サシバ、オオタカ、ノスリなどの猛禽が上空を飛び、里山で繁殖する生き物の動きが活発になってきました。


シオカラトンボの羽化を観察しました。



【観察した野鳥】キジ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、トビ、オオタカ、サシバ、ノスリ、コゲラ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、アカハラ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、シメ、ホオジロ、アオジ 34種+コジュケイ、ガビチョウ

2024年4月14日日曜日

2024.4.14 月例観察会「春の草花」

月例観察会「春の草花」2024.4.14

参加者:子ども15人 大人12人       

講師:茨城県環境科学センター 小幡和男さん


里山では草花が一斉に咲き始め、木々は芽吹き、見上げる空にはサシバが舞い、まさに山笑うがごとくの季節です。

小幡先生の今日の観察会のテーマは「違いを見つけよう」です。

植物の仲間には似たものが沢山ありますが、よく観察すると全く違った個性を持っており、対比させての説明はわかりやすくとても興味を惹かれました。



空に向かって真っすぐ伸びるスイバには、雄と雌の株があり、雌の株は赤い星のような雌花を茎一面に付けています。

雄株は緑色で花粉を付けた小さな花は今にも花粉を飛ばしそうです。

「スイバの茎を噛んでみよう!」と、名前の通り酸っぱい味が口に広がりました。

春を一番に告げるピンクのホトケノザ、なぜホトケなのか、葉をよく見ると仏様が座る台座(蓮華座)のような形です。

しかし、春の七草の「ホトケノザ」は黄色の花で、ピンクのホトケノザは本当の春の七草ではないのです。

次は動物の名前が付く植物、カラスノエンドウ、もう一つはスズメノエンドウ、マメ科のこの二種をよ~く見比べてみました。

花が付く位置、花の大きさ、鞘の大きさ、実の数、どれも同じものは無く、先生の解説で大きな違いに気付かされました。

里山の入り口の土手一面に芽吹いたばかりのヤブカンゾウ、

柔らかい茎に指を差し入れて折って味わいました。

白い茎は癖がなく甘くておいしい味です。

さっと茹でてお浸しが最高のご馳走です。

山菜採りには原則があり、全体の10%に抑えることが生き物保全のルールなのだそうです。

ここでも動物の名前、オオバコ科のオオイヌノフグリとタチイヌノフグリです。

よく観察すると姿、形は全く違っています。

長く伸びた花柄の先に咲くオオイヌノフグリの青い花びら、4枚の内、左右は同じ大きさで同じ色、上は色が濃く一番大きな花びら、下が一番小さく白い花びらです。

タチイヌノフグリの花は茎に直接ついている。

オオイヌノフグリの2本のおしべは互いに向き合ってその真ん中に小さなめしべが見えます。

花弁の青い筋は昆虫に蜜のありかを知らせる構造です。

ルーペを使っての大発見です。

田んぼしか咲かないツボスミレ、葉の付けの小さな細長い2枚の托葉にはギザギザがないのが特徴です。

この里山にはタチツボスミレ、ニオイタチツボスミレもあり、この2種は托葉がギザギザなのが特徴です。

本物のホトケノザを探しに田んぼに向かいました。

黄色の花びら(実は花びらに見える1枚1枚が本当は花)が8枚、葉は放射線状に広がり、まさに仏様を乗せる台座のようで名前の通りの春の七草の一つを見ることができました。

正式名称はコニタビラコでヤブタビラコとオニタビラコの違いも観察しました。

長い糸を垂らした性転換するウラシマソウの雌株と雄株、コハコベとウシハコベのめしべの柱頭の数、スギナとつくしの関係、アオキの雄株と雌株の花の違い、最後にソメイヨシノとヤマザクラ、がくと花柄の違い等、盛りだくさん教えて頂きました。


ルーペを持って草花に顔を近づけ熱心に観察される先生の姿は、まさに牧野富太郎博士のようで2時間ではとても足りない観察会でした。

丁寧に、熱心にご指導頂き誠にありがとうございました。

文・写真:Tanoue

2024年4月13日土曜日

2024.04.13 土曜観察会

晴れ、参加者6名

 すっかり春ですね。今年も会いたいものが一杯。

 

 まずは、サシバ。2羽でお出迎えをしてくれました(やままゆさん写真)。

  

 スズメノテッポウやタガラシが目立つ畦には、羽化したてなのかキアゲハがじっと止まっていました。


 春先のチョウであるミヤマセセリ(♂)やツマキチョウ(やままゆさん写真♀)も目立ちました。

  

 トンボも出はじめ、ホソミオツネントンボ(♂)や少し早いシオカラトンボ(♀)。
  

 野草も、本当に色々。イチリンソウ、カラタチ、チゴユリ、フデリンドウなど
  
  

 今年も会えた、春の妖精、シロバナジロボウエンゴサク、ジロボウエンゴサク。

By yamasanae


【観察した野鳥】(きたきつねさんデータ)
カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、キジバト、アオサギ、ダイサギ、コサギ、トビ、オオタカ、サシバ、カワセミ、コゲラ、アカゲラ、モズ、カケス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、アカハラ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ 31種+コジュケイ、ガビチョウ

【チョウ類】ミヤマセセリ、コチャバネセセリ、アゲハ、キアゲハ、ツマキチョウ、モンシロチョウ、キタキチョウ、モンキチョウ、ベニシジミ、ヤマトシジミ、アカタテハ、キタテハ、ルリタテハ、アカボシゴマダラ・幼虫 14種
【トンボ】ホソミオツネントンボ、アジアイトトンボ、シオカラトンボ、【カメムシ】ホシハラビロヘリカメムシ、【コウチュウ】アカハネムシsp.、コガタルリハムシ・幼虫、【ハエ】ビロウドツリアブ、【ガ類】ウンモンクチバ

【野草】チゴユリ、ホウチャクソウ、スノーフレーク、クサノオウ、シロバナジロボウエンゴサク、ジロボウエンゴサク、ムラサキケマン、ヤマエンゴサク、イチリンソウ、ケキツネノボタン、タガラシ、ゲンゲ、ヤマザクラ、キジムシロ、ヘビイチゴ、ミツバツチグリ、タチツボスミレ、ニオイタチツボスミレ、カラタチ、フデリンドウ、ジュウニヒトエ、オドリコソウ、ヒメオドリコソウ、オニタビラコ、ヤブニンジン 25種