2019年3月10日日曜日

2019.03.09 土曜観察会

晴れ 参加者12名







一雨ごとに緑が濃くなっていきます。季節が早足で駆け抜けて行くようです。

梅の花がとても良い香りを放っています。タネツケバナ、ナズナ、オランダミミナグサ、コハコベなどの花が咲いています。この時期楽しみにしているのがニワトコの花。カリフラワーみたいなつぼみが少しずつ膨らんできました。スミレの仲間は開花が少し遅れているようです。アオイスミレがやっと咲き出しました。

   

アオイスミレ (Ymasanaeさん撮影)

日当たりの良い場所では、チョウの姿も増えてきました。成虫で越冬したキタテハが活発に動き出しています。アカタテハも木の幹に止まっていました。途中でチョウが沢山見られる場所を見つけました。つるぐみ農園の畑の一部がオオイヌノフグリやホトケノザのじゅうたんになっています。ここで静かに待っているとチョウが次々と訪れて来ます。農作業の邪魔にならないように観察してみてください。




上:キタテハ、下:アカタテハ (Ymasanaeさん撮影)

耳を澄ますとウグイスの「ホーホケキョ」が聞こえるようになりました。ハイタカがアクロバティックな曲芸飛行を見せてくれました。渡りの気分が高まっているのでしょうか。もうすぐハイタカと入れ替わるようにしてサシバがやって来ます。

ハイタカ(Yamasanaeさん撮影)

ニホンアカガエルの卵塊が増えてきました。今年はこれまであまり産んでいなかった場所でも卵塊が見られるようになりました。カエルの数が増えてくれるとうれしいですね。ニホンカナヘビも一匹顔を出しました。


花粉症のナチュラリストの皆さんにとってはつらい時期が来ましたね。私も十数年前にスギ・ヒノキ・セイタカアワダチソウ・ブタクサのアレルギーと診断されて薬を使っていました。いましたと過去形で書いたのは、今では花粉症をすっかり克服しているからです。どうやって克服したかは秘密。観察会でこっそり教えます。
by はいたか

【野鳥】オカヨシガモ、マガモ、ハシビロガモ、コガモ、キジバト、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、コゲラ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、ホオジロ、アオジ 27種+大型ツグミ類sp. 

【昆虫】キタテハ、アカタテハ、アカボシゴマダラ(幼虫)、オオミドリシジミ(卵)、ナナホシテントウ、コガタルリハムシ、クロヤマアリ

【爬虫類・両生類】ニホンアカガエル(卵)、ニホンカナヘビ

【植物】ウメ、アオイスミレ、タネツケバナ、ホトケノザ、ナズナ、オオイヌノフグリ、オランダミミナグサ、コハコベ、ヒメオドリコソウ、ノボロギク、フキ、カントウタンポポ


2019年3月2日土曜日

2019.03.02 土曜観察会

晴れ 参加者 6名
 朝は、風が冷たく感じたのですが、終わり頃には、少し暑く感じるくらいでした。昼頃には、キタテハ、キタキチョウなど、越冬したチョウ、そして、早春に羽化するモンキチョウ飛んでいました。

 さて、相変わらず、鳥は少なめ、今日は鳥の声が分かる人がお休みだったので、聞き落としもあると思います。
 そんなことで、今日は虫と野草。目玉は、シロトゲエダシャク♂、カントウタンポポ。
  


【観察した野鳥】オカヨシガモ、マガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、キジバト、アオサギ、オオバン、ノスリ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、ホオジロ、アオジ 23種+コジュケイ、ソウシチョウ

【観察した野草】 オランダミミナグサ、コハコベ、カラスノエンドウ、ミツマタ、ホトケノザ、ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリ、ハルジオン、フキ、ノボロギク、ノゲシ、カントウタンポポ 12種
  

【観察した虫たち】 キタキチョウ、モンキチョウ、オオミドリシジミ(卵)、キタテハ、アカボシゴマダラ(幼虫)、シロトゲエダシャク♂、コガタルリハムシ、ツヤアオカメムシ(成虫越冬)、ヒメカゲロウの類

【その他】 ニホンアカガエルの卵塊



2019年2月23日土曜日

2019.02.23 土曜観察会

曇り 参加者4名
池のカモの渡りが始まったのかマガモの数が減っていた。今シーズンはオカヨシガモが例年になく多く、まだ残っている。

冬の間は雨が少なかったので、池の水も少ないし、池西の湿地にも水が全く無い状態が続いているので、アカガエルの産卵が心配していた。

田んぼ塾がアカガエルのために用意してくれた水を張った水田を見るとアカガエルの卵があった。気温の上がった20日頃に産卵が始まったようだ。
池から池西の湿地に向かう途中、干からびたアカガエルの死体があった。お腹が膨らんでいたのでメスなのだろう。

土の中から出て水溜りを探しているうちに寒さと疲労で力尽きたのかもしれない。
今年始めてフキノトウを見つけた。いつもたくさん出ている場所なのだけれど、一株しかなかった。
ひだまりにホトケノザやオオイヌノフグリの花が咲いていた。
【観察した野鳥】
オカヨシガモ、マガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、トビ、オオタカ、ノスリ、コゲラ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、シメ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ 33種+コジュケイ

2019年2月16日土曜日

2019.02.16 土曜観察会

晴れ 参加者17名
第3週目の土曜日は日本野鳥の会茨城県と共催の探鳥会を兼ねた土曜観察会でいつもよりも多くの参加者となりました。

朝から南向きの風が吹いて、歩いているうちに汗ばむほど暖かくなりました。堤防の下のアシ原は刈払が終わり広い空き地が出現しました。これから繁殖期にはいるフクロウの格好の狩場になることでしょう。

ノスリが谷津の上に出現してじっくり見ることができました。トビ、オオタカも見ることができました。
その他トビ、オオタカも出てくれました。日が長くなってきたためでしょうか、小鳥の動きが活発になってきたようです。特にジョウビタキが活発に動き回っていました。
そろそろモズが繁殖期に入ります。運が良ければオスのモズがメスにエサを渡す求愛給餌を見ることができるでしょう。

観察会が終了近くなって青いきれいなルリビタキのオスが参加者をたのしませてくれました。

2019年2月9日土曜日

2019.02.09 土曜観察会

雪 参加者1名


この冬一番の寒さがやって来ました。参加者が誰も来ないのを確認して帰ろうと思っていました。でも、非日常の世界を独り占めするのも悪くないと考えて大池まで行ってみました。



木彫りのフクロウが雪化粧をしています。本物のフクロウにもつい最近出会いました。雪と風が弱まる場所でじっとしていると、アオジ、カシラダカ、ジョウビタキなどの小鳥達がすぐ近くまでやって来ます。アシを刈り取った所ではノスリが獲物を待っていました。


竹やぶもカラタチもひっそりとたたずんでいます。膨らみ始めたウメのつぼみは雪溶けのあと一気に開くかもしれません。





普段見慣れている風景も、雪景色になると重厚感を感じます。色を失った世界も素敵だなと思いました。



雪の中のひとり観察会も悪くないものです。忙しい日常を忘れて静寂を楽しみました。
byはいたか

【野鳥】オカヨシガモ、マガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、オオバン、オオタカ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、モズ、カケス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、シロハラ、ジョウビタキ、セグロセキレイ、カワラヒワ、カシラダカ、アオジ 22

2019年2月2日土曜日

2019.02.02 土曜観察会

晴れ 参加者7名
 暖かい日となりました。
 鳥たちは、種数はそれなりですが、全体的に少なめ。さらに、ハイタカが林の中や上を飛び回っていては、小鳥たちは怯えてでてきません。大池は広く氷が溶けていました。

 雪の残ったイナリヤツは陽だまりで暖かかったです。

 鳥が少なめなので、こんな日は虫目です。
   
 オオカマキリの卵鞘、アカボシゴマダラは枝で越冬中ですが、場所を動いていません。最後は、マクロで1mmほどのオオミドリシジミの卵を撮影。
 そういえば、静止越冬中のウラギンシジミの姿が見えなくなりました。場所を移動したのか、鳥に食べられたのか・・・
By Yamasanae


【観察した野鳥】オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、キジバト、カワウ、オオバン、トビ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、シロハラ、アカハラ、ルリビタキ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、シメ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ 36種+コジュケイ、ドバト
【観察した虫たち】ウスタビガ(抜け繭)、オオミドリシジミ(卵)、ジャコウアゲハ(蛹)、アカボシゴマダラ(越冬幼虫)、オオカマキリ(卵鞘)、ナナホシテントウ
【咲いていた野草】ホトケノザ、オオイヌノフグリ


2019年1月26日土曜日

2019.01.26 土曜観察会

晴れ 参加者3名
出発した時は曇り空で寒かったのですが、だんだんと青空が広がり始めて陽が当たって暖かくなりました。

池のカモは先週6種見られたのに今週は4種に減っていました。 相変わらず小鳥は少なめでしたが、幸い今シーズンはじめてトラツグミに出会えました。
先週は真っ黒な実をたわわに付けていた里山の入り口のトウネズミモチが、ヒヨドリやツグミ類に食べつくされていました。先週の土曜観察会の時は、黒い実がびっしり付いていたのに、ものすごい食欲です。
いつものコースを少し変更して竹林の伐採、切り倒した竹の粉砕作業の現場を見てきました。竹の下からでてきた小山は古墳のようです。見学に来ていた中学生と出会いました。

【観察した野鳥】
オカヨシガモ、マガモ、ハシビロガモ、コガモ、キジバト、アオサギ、オオバン、タシギ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、アカハラ、ツグミ、ルリビタキ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、シメ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ 31種