2018年6月16日土曜日

2018.06.16 土曜観察会

くもり 参加者6名

第三週は日本野鳥の会茨城県との合同探鳥会を兼ねての土曜観察会。朝まで雨だったので参加者は少なめでした。

鳥は繁殖期で目立たなくなっているし、木々の葉が茂っているので姿が非常に見にくいのが探鳥会としては残念なところでした。

大池に居残りのマガモの雄が3羽いました。昨年は2羽越夏したので、一羽増えたことになります。羽を痛めて飛べない様子で、今年も越夏しそうです。

オオバンとカイツブリが繁殖しているようで、近日中に雛を見ることができるかもしれません。
常磐道近くには太陽光発電所が何ヶ所かできていて、観察路の近くにも1ヶ所あります。太陽光パネルの下は砂利敷きなのですが、そこでコチドリが複数羽観察できました。

どうも繁殖している様子です。太陽光発電所がコチドリの営巣地になるというのは聞いたことがありませんので、これから注意して観察していきたいと思います。


【鳥あわせ】 キジ、マガモ、カルガモ、カイツブリ、キジバト、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、オオバン、コチドリ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、キビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、コジュケイ、ドバト(26種+外来種1種)

2018年6月10日日曜日

2018.06.09 土曜観察会

晴れ 参加者11名

栗の花は昆虫にとって魅力的。花のピークは過ぎましたが、まだシジミチョウの仲間を沢山見ることができます。トンボの数も少しずつ増えてきました。果樹園ではチョウトンボがヒラヒラと優雅に舞っていました。




ピンクと黄色のコントラストはムラサキシキブの花。ヤブガラシの花の中にピンク色の花盤が混じっています。ヤブガラシの蜜は昆虫のごちそうです。ノアザミはそっと触れると雄しべの先端に花粉が出てきます。虫に運んでもらうためのノアザミの戦略です。




開けた場所ではホオジロが、林の中ではキビタキが大きな声でさえずっています。カイツブリが一羽池の中にいました。そろそろ子供を連れて泳ぐ時期です。水草の間から「ピッピッピッピッ」と聞こえて来たら、親の後について泳ぐカイツブリの子供たちが見られるかもしれません。



今日は観察したチョウの種類数が野鳥の種類数を超えました。野鳥好きの皆さん、見られる鳥の数が減る夏場はチョウを観察してみませんか。道具はそのままで図鑑が一冊あれば十分楽しめます。年間を通じて端境期がなくなるのでおすすめです。
byはいたか

【チョウ】クロアゲハ、アゲハ、キアゲハ、キタキチョウ、モンキチョウ、モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、ウラギンシジミ、ウラゴマダラシジミ、アカシジミ、ミドリシジミ、ベニシジミ、ヤマトシジミ、ルリシジミ、ツバメシジミ、オオウラギンスジヒョウモン、イチモンジチョウ、アサマイチモンジ、コミスジ、キタテハ、アカボシゴマダラ(成・幼虫)、ヒカゲチョウ、サトキマダラヒカゲ、ダイミョウセセリ、オオチャバネセセリ 25種(観察会前後を含む)

【ガ】ウメエダシャク、オオボシオオスガ

【トンボ】シオカラトンボ、オオシオカラトンボ、ショウジョウトンボ、ウスバキトンボ、チョウトンボ、コシアキトンボ、ウチワヤンマ

【甲虫】ヨツスジハナカミキリ、ベニカミキリ、リンゴカミキリの仲間、イチモンジカメノコハムシ、キマワリ

【クモ】ヤハズハエトリ、コガネグモ

【野鳥】キジ、カイツブリ、キジバト、ゴイサギ、アオサギ、チュウサギ、コサギ、ホトトギス、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、キビタキ、スズメ、ハクセキレイ、ヒバリ、ホオジロ 24種+コジュケイ(観察会前後を含む)



2018年6月2日土曜日

2018.06.02 土曜観察会

晴れ 参加者 6名
 残念ながら、所用で、途中までだったのですが、チョウや虫がたくさん出てくれました。
 最初は、エノキにいたシャチホコガの幼虫は、久しぶりでした。長い脚を持て余すようにしていました。
  
  チョウはミドリシジミ、メスグロヒョウモン♂など。最終的には、ミドリシジミなどゼルフィス類は4種を確認したようです。
  
   
 トンボ類は、ショウジョウトンボや久しぶりのチョウトンボ
  

 観察会に参加したYさん、Sさんなどからデータをもらったのですが、本当に色々でした。


【観察した野鳥】
カルガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、ホトトギス、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、キビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ 22種
ゴイサギ
ツバメ
ハクセキレイ
    

【観察したチョウ類】
オオチャバネセセリ、アゲハ、キアゲハ、モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、キタキチョウ、モンキチョウ、ウラギンシジミ、ウラゴマダラシジミ、アカシジミ、ミズイロオナガシジミ、ミドリシジミ、ベニシジミ、ツバメシジミ、ルリシジミ、テングチョウ、ヒメアカタテハ、アカタテハ、キタテハ、ヒオドシチョウ、メスグロヒョウモン、コミスジ、イチモンジチョウ、アカボシゴマダラ、コジャノメ、ヒメジャノメ、ヒカゲチョウ、サトキマダラヒカゲ 28種
オオチャバネセセリ
ヒオドシチョウ
【観察したトンボ】
オオアオイトトンボ(羽化直後)、クロイトトンボ、サラサヤンマ、ウチワヤンマ、オオヤマトンボ、チョウトンボ、コシアキトンボ、ショウジョウトンボ 8種
オオアオイトトンボ(羽化直後)
クロイトトンボ
【その他】
(ガ類)シャチホコガ(幼虫)、ヒロオビトンボエダシャク、カノコガ、ナミガタシロナミシャク
(その他)ベニカミキリ、ミカドガガンボ、イオウイロハシリグモ(スジボケ型)
ベニカミキリ
イオウイロハシリグモ(スジボケ型)
(爬虫類)ヒバカリ



2018年5月27日日曜日

2018.05.26 土曜観察会

晴れ 参加者7名
5月も下旬となり緑が濃くなってきた宍塚の里山の中をホトトギスの鳴き声を聞きながら巡る観察会です。

 池はヒシの葉が広がり、カワセミやカイツブリを観察しました。トンボが増えていました。 今年もカイツブリが繁殖しそうです。
ヤミイロカニグモがヒメカノコテントウ
を捕食していました。
久しぶりにアリグモ♂を見ることがで
きました。
ハナグモがウラゴマダラシジミを捕食
していました。
クモの団居を数カ所で見ること
ができました。
オオボシオオスガの蛹
マユミの木にオオボシオオスガ
の蛹の集団がついていました。
オオシオカラトンボのメスは
黄色が目立ちます。
コナラの枝でクリオオアブラムシが幼虫
を生んでいた。
非常に綺麗なカメムシのアカスジキ
ンカメがいました。
コメツキムシの仲間で体に毛が
生えたオオナガコメツキがいた。

ニワトコの赤い実がなっていま
した。ずいぶん早いようです。
オヤブジラミの毛の生えた実。


イボタの花にはいろいろな昆虫が
蜜を吸いに集まってきていました。
昔ロウソクの蝋を採取したウルシ
の実がたわわになっていました。
キクラゲがたくさんありましたが、
なかなか食べる気になりません。
ヒイロタケは非常に目立ちました。



【観察した野鳥】
マガモ、カルガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、バン、ホトトギス、アマツバメ、サシバ、タカsp.、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、ホオジロ 28種+コジュケイ

【観察したチョウ】
ダイミョウセセリ、イチモンジセセリ、ジャコウアゲハ、アゲハ、キアゲハ、クロアゲハ、モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、キタキチョウ、モンキチョウ
ウラギンシジミ、ゴイシシジミ、ウラゴマダラシジミ、アカシジミ、ベニシジミ、ルリシジミ、テングチョウ、キタテハ、コミスジ、イチモンジチョウ、ゴマダラチョウ、ヒメウラナミジャノメ、コジャノメ、ヒカゲチョウ、サトキマダラヒカゲ

【観察したガ】
ホソオビヒゲナガ♀、ナミガタエダシャク、キシャチホコ、オオボシオオスガ

【その他】
キイロトラカミキリ、ベニカミキリ、アカスジキンカメ、オオシオカラトンボ、コシアキトンボ、シオカラトンボなど

2018年5月19日土曜日

2018.05.19 土曜観察会

晴れ 参加者4名
第三週は日本野鳥の会茨城県との合同探鳥会を兼ねての土曜観察会。天気予報が曇り雨だったので、参加者が少なくなってしまったようです。

雨上がりの爽やか初夏の里山をゆっくり回って来ました。

先々週から集合場所の蓮田近くのアシ原でオオヨシキリを確認していたけれど、今週ようやく池の下のアシ原でオオヨシキリを確認しました。ホトトギスも戻ってきていて、大きな声で雑木林の上を飛び回っていました。

スイカズラの花の甘い香りが香っていました。

今年はモミジイチゴを沢山食べることができました。ヤマザクラの実は当たりハズレが大きくて、甘い実になかなかあたりません。

ルリシジミ、アカシジミに会えました。ヤマザクラにヒメヤママユの緑色の大きな幼虫がいました。林の中には、春に生まれたアカガエルのチビ達が飛び跳ねていました。


【観察した野鳥】
キジ、カルガモ、キジバト、カイツブリ、ゴイサギ、アオサギ、チュウサギ、オオバン、ホトトギス、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、コジュケイ、ドバト(27種+外来種2種)

【観察したチョウ】By はいたか
クロアゲハ、ナガサキアゲハ、ジャコウアゲハ、アゲハ、アオスジアゲハ、モンシロチョウ、ウラギンシジミ、アカシジミ、ベニシジミ、ルリシジミ、テングチョウ、イチモンジチョウ、コミスジ、キタテハ、ゴマダラチョウ、アカボシゴマダラ(外来種)、サトキマダラヒカゲ、コジャノメ、ヒメウラナミジャノメ、イチモンジセセリ(観察会終了後を含む)